現役クリエイターが解説

ゲームクリエイターの仕事内容を徹底解説。ゲームプランナーとの違いは?

こんにちは。
ゲームクリエイターのtkfmです。

この記事では、ゲームクリエイターの仕事内容について具体的に解説していきます。

  • ゲームが好きで将来はゲームクリエイターになりたいけど、具体的にどんな仕事なのかわからない
  • ゲーム業界への転職を考えていて、どんな仕事なのか知りたい

こんな人の疑問を解決します。

ゲームクリエイターはゲーム制作に関わる職業の総称

さっそくですがゲームクリエイターという言葉をウィキペディアで調べてみましょう。

ゲームクリエイター (game creator) は、ゲーム企画制作を行う、主にコンピュータゲームの開発者全般の呼称。

出展:「ゲームクリエイター」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年9月5日 (土)19:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

この通り、ゲームクリエイターというのはゲーム開発に関わる職業の総称とされています。

企画や仕様を考えるプランナー、プログラミングを行うプログラマー、グラフィックを制作するグラフィックデザイナーなどのゲーム開発に関わる様々な職業をまとめてゲームクリエイターと読んでいるわけです。

その中でも企画に関わる職種をゲームクリエイターと呼ぶことが多い

ゲームクリエイターはゲーム開発に関わる職業の総称と言いましたが、実際にゲームクリエイターという言葉が使われる時は、企画に関わる職種のことを指すことが多いです。

これは「ゲームクリエイター=ゲームをつくる人」というイメージに一番近いのが、ゲームの中身を考えることの多い企画職だからでしょう。

ゲームクリエイターと呼ばれる主な職種

それでは、ゲームクリエイターと呼ばれることの多い主な職種について解説します。

ゲームプロデューサー

  • プロジェクトの総責任者
  • 要するに一番偉い人

ゲームプロデューサーは予算や人材の管理、スケジュールの調整など、プロジェクトの全体を統括します。

ゲームディレクター

  • 開発を取り仕切る現場監督
  • ゲームの方向性を決定する
  • スタッフに支持を出す

プロデューサーが予算や売上に責任を持つ人だとすると、ディレクターはゲームの品質に強い責任を持ちます。

ゲームプランナー

  • ディレクターのたてた方針に従って具体的なゲーム仕様を作成する
  • レベルデザインやデータ作成を行う

実際にはディレクターや他の職種のアシスタントのような雑務をこなすことも多く、仕事内容は多岐にわたります。

ゲー厶クリエイターの具体的な仕事内容

未経験からいきなりプロデューサーやディレクターになることは滅多に無いので、この記事ではゲームプランナーの仕事内容について具体的に解説していきます。

ゲームプランナーの主な業務
  • 仕様作成
  • 進行管理
  • レベルデザイン
  • データ入力
  • シナリオ監修
  • デザイン監修
  • etc…

このようにゲームプランナーの仕事は多岐に渡ります。中でも仕様作成はゲームプランナーの重要な仕事の1つです。

仕様作成とは「こういうゲームにしましょう!」という完成イメージを具体的に定め、それを実現するために必要な情報をまとめていく仕事です。

例えばアクションゲームのジャンプというアクションを1つとっても

  • どれくらいの高さまで跳ぶのか
  • どれくらい速さで跳ぶのか
  • 跳んでる間に攻撃されたらどうなるか
  • 2段ジャンプ等の機能拡張があるか

など、決めることがたくさんあります。

仕様を定めたら、それを人に伝えることもゲームプランナーの重要な仕事です。

どんなに斬新で面白い仕様を考えても、それをプラグラマーやグラフィックデザイナーに伝えることができなければ、ゲームとして実現することはありません。

そのためにゲームプランナーは、伝わりやすい資料を作成し、他のスタッフとこまめにコミュニケーションをとっていきます。

まとめ:ゲームクリエイターの仕事内容はゲームをつくること

ゲームクリエイターという仕事について簡単にまとめるとこんな感じです。

  • ゲームクリエイターはゲーム開発に関わる職業の総称である
  • その中でもプロデューサーやディレクター、プランナーのような企画職のことを指すことが多い
  • プランナーの主な仕事はゲームの具体的な完成イメージを考えて人に伝えること

ゲームクリエイターになりたいと思ってる人のイメージに一番近い職業は、ゲームプランナーだと言えるでしょう。

ゲームプランナーは自分の思い描いた理想のゲームを、仲間と一緒につくりあげていく素敵な職業です。

ゲームが好きで漠然としたイメージでゲームクリエイターになりたいと思ってる人は、ゲームプランナーを目指してみることをおすすめします。